パス・トスの基本

パス・トスの基本

● パス・トスの基本

ボールの落下地点にすばやく入る
ボールの流れに合わせ 腕を上げ 無駄な動きをしない

肘を軽く曲げ ボールの勢いを吸収
フロントパス バックパスの両方に上げられるようにするために上半身は   垂直に保つ

高い位置でボールを受け 下半身を使って柔らかく 上げる
上に腕を伸ばし フォロースルーをとる

手の形は指先はボールの方向で 親指を外に回すことでスナップがきく
◆ 指の使い方

ボール全体を両手10本の指でしっかり受け止める
指にhはそれぞれの役目があり 親指と人差し指と 中指の3本でボールを受け
薬指は添えるだけ 小指はボールがこぼれないようにする。

トスは次の攻撃へとつなぐものなので スパイクがしやすいように やわらかいボールさばきが
必要となる 手先だけでは やわらかなボールは送り出せないので ひじのクッションを使い
ひざをよく曲げ 下半身の力を使う。

◆ トスの種類

  直上トス・・・・・基本中の基本

  オープントス・・・・・ネットにそってあげられる 距離の長いトス

  バックトス・・・・・背面にあげる オープントスかバックトスか相手に読まれないようにしよう
            親指でトスの方向がきまる

  ジャンプトス・・・・・ネット際のボールをジャンプして高い位置で処理をする
             敵のブロッカーを惑わすのが目的。
             下半身のバネを利用することができないので ボールを十分引きつけて
             ひじと手首のバネを使ってトスをあげる

  クイックトス・・・・・A B C Dなどのクイック攻撃のためにあげるのがクイックトス
             手首のスナップをきかせて すばやく低くトスを上げる。
◆ レシーブの基本

両腕で三角形を作り腰を落として 低い姿勢で構える

ボールの勢いに負けないように腕を少し引いてボールに向かう

両腕を前に出しながら 腕で作った面でとらえる

セッターに向かって押し出すようにボールを送り出す。

こぶしの作り方
片方の手のひらをひらき もう片方の手をクロスさせてのせる
親指どうしがつくように両手をくみ同時に両腕をしぼる
◆ サーブ

アンダーハンドサーブ
フローターサーブ
サイドハンドサーブ
ドライブサーブ
ジャンプサーブなどいろいろなサーブがあるが 相手のコートにボールを入れることが
重要であるが 勢いのあるサーブほど 難易度がたかい
いずれのサーブも 腰を引かず 腕を曲げないように注意する

 ※ ボールの空気穴の周辺を打つと ボールを いろいろな方向に 変化させることが出来る。

  TOP-ペットと楽しい生活


  ドッグショー

  ペットとあそぶ

  イヌのことば

  ペットの健康

  ペットと散歩

  ペットと暮らす

  雑 種

  ペットの写真

  愛玩動物

  ガーデニング

  野菜づくり

  トムの写真集

  植物の写真集 1

  植物の写真集 2



おやじのスポーツすれば

 パス・トスの基本

 スパイクとブロックの基本

 コートやネットの規格

 バレーボールのルール


 いろいろなバレー


 ● プロフィール

 ◆リンク集

 ★ リンクについて
Copyright (C) ペットと楽しい生活 All Rights Reserved