イヌのことば

イヌのことばではなす


◆ イヌのことば


イヌのことばって わかりますか
イヌはどんな方法でいろいろなことを伝えるのだろう

そんなイヌのことばを考えてみました。


■ 目ではなす

「目は口ほどにものをいう」といいます
サッカーだと アイコンタクト といって 目で合図をしますね。

また さすような目とか ガンをつけるとか 悲しそうな目
にらむ また 流し目なんてのも あります。

目だけでの 感情の表現 表情に
いろいろあることが分かります。




イヌのことばのひとつに 目がありイヌも目を
つかって感情をあらわします。

たとえば にらむ みる という行為では

イヌ同士が出会うと 視線を合わせることで
上下関係がきまります。

支配するイヌは 視線を保持し 支配される側
服従する側は目をそらします。

目をそらすことで 恐れや服従 また敵意がない
ことを表します。

この行為が 人間とイヌでは意味がちがいます。人間がイヌをみるという行為は威嚇ではないと理解し
飼い主の目をしっかりみます が 子供は注意が必要です 飼い主や家族は慣れていますが

知らない子供に見られることは 威嚇と感じるからです


そういえば 知らないイヌと目があったときに 吠えられることがありますね。



◆ 豆知識

イヌの色覚は 人間よりかなり劣っていますが動態視力は人間より優れています。
また 人間が暗いと感じるときでも見ることができますね。



■ 耳ではなす

聴力としては 人間よりも かなり高い周波数を
聞くことができます。

イヌ笛などは 人間の耳にはいきこえませんが はなれて
いるところからでも呼び寄せることができます。

もちろん 訓練は必要ですが

イヌの耳は聞くだけでなく そのしぐさや 耳の位置により
いろいろな表現をします。

犬種によっては うまく耳をつかっての感情の 表現が
しにくいイヌもいます。

耳がたっていれば集中している 警戒している 
耳を後ろにひいているのは 服従です

しかられたときなども 耳を後ろに引きますね

両耳が違う方向に向いているのは こまったとき 
どう反応してよいかわからないときかな
■ しっぽではなす

これは一番わかりやすい言葉ですよね
しっぽを振るのは 喜びのサイン 

仕事で疲れて自宅に帰ってきたとき
しっぽをいっぱい振って喜んで

迎えてくれると ちょっと癒されますね。

恐怖や服従のときは足の間にしっぽをかくします。


■ においではなす

イヌにとって「におい」は 単なるにおいだけのもの
ではないですよねいろいろな情報を得る 

または イヌ同士のコミニュケーションを取るための
重要な手段です。

イヌは 「臭い」 という感覚はないようですね。

マーキングは散歩にいくと自分自身の存在を示すためかならずするおなじみの行動ですね。

また オシッコの後に地面を爪で引っかいて 見ためにもわかるようにしるしをつけ
引っかいた後は つまさきの汗腺から分泌されるにおいをのこします。

この他にも 体全体をつかうボディーランゲージや 吠え方 鳴き方等での表現があります。 

ワンちゃんをよく観察すると ワンちゃんの気持ちが もっと よく分かるかもしれませんね。



  TOP-ペットと楽しい生活


  ドッグショー

  ペットとあそぶ

  イヌのことば

  ペットの健康

  ペットと散歩

  ペットと暮らす

  雑 種

  ペットの写真

  愛玩動物

  ガーデニング

  野菜づくり

  トムの写真集

  植物の写真集 1

  植物の写真集 2



おやじのスポーツすれば

 パス・トスの基本

 スパイクとブロックの基本

 コートやネットの規格

 バレーボールのルール


 いろいろなバレー


 ● プロフィール

 ◆リンク集

 ★ リンクについて
Copyright (C) ペットと楽しい生活 All Rights Reserved